お家の建材を維持する為にする事

塗装リフォームは外壁や屋根、窓周りや軒天井・破風板など、

艶のある塗料で色が塗られ「真新しく見える」というイメージでした。

現代では「塗料の能力が飛躍的に改善」され、様々な機能性を

持ち、耐久性を伸ばし、お家を長期的に守れるメンテナンス施工の主流となってきました。

​​

お家がダメージを受けるその殆どの原因が、

紫外線や熱、雨や風による影響が殆どです。

 

要因の序章の多くは、

屋根/外壁の表面膜の「劣化」から

 

波及する所にあります。

施工当初の屋根/外壁は、それぞれの素地・素材が真新しく、

初期機能が発揮されます。(撥水効果・紫外線等)。

建物の素材が良い材質の物でも、経年劣化の影響を受ける事で、

 

素地そのものの能力​が失われ表面が荒れてゆきます。

 

その数年もの紫外線と雨・乾燥などの連続から

素材の荒れが拡大し、やがて水分で呼吸するようになります。

雨が降った日には吸水(膨張)し、

天気のいい日には乾燥(縮小)し、

素材が酸化・変形し、劣化します。

facebookにてお得な情報を更新中

フォローお願いします!

紫外線(日焼け)/赤外線(熱)と日常のよくある現象が、長時間の露出により、全体的な劣化(ひび割れ、変形)の原因となってしまうのです。​​

生活をする上では気づかない傷みのサインかもしれませんが、外壁や屋根の素材そのものの吸水率が上がり始めると、夏の雨では水分を含み膨張し、暑い熱では乾燥を繰り返します。

また、寒い冬にも乾燥で縮小し、雨や雪で水を含んだ箇所は素材の中で凍り膨張もします。

この連続で屋根や外壁は、元に戻らない割れや、変形となってしまうのです。

※ 放置期間が長期間の場合、お家の建材そのものが変形し、塗装をしても変形が目立つ事となります。折角の塗装もすっきりしないですよね。

 

結果、これらの全体の展開で、外壁/屋根の塗膜の劣化により、吸水率、乾燥率が上がってしまいます。

素材そのものの変形や、欠損で形成が崩れてしまうと、浸水の可能性も上がり、建物の素材も常に影響を受け、大きな痛み、変形、雨漏れの原因となります。

 

同時に作業費が予算を大きくし、​ご負担が増えてしまいます。

これらを防ぐのが、下地処理をしっかり行った施工となります。

 

 

さび止めを含め、木部の腐食止めや撥水効果、防汚効果・紫外線対策など様々なお家の材質、構造、痛みの状況、お家の状況に応じて塗料の能力を活用し、お家の長持ち、形成の維持、見栄えのリフレッシュに大いに活かせることが出来るようになりました。

メーカーの公表で、耐久年数が最高で20年(保証期間10年)という塗料などもあります。(地域特性・材質により前後あります。)

また、塗装は家全体に塗ることで塗膜が生成され、撥水効果が上がり、熱や紫外線から守る能力により、お家の長持ちに大きく貢献致します。

その為にも、大切なお家の屋根や壁の材質・構造、痛みの状況、将来の潜在的な痛みなどを確認し、メンテナンスに必要な材料や大工補修作業、下地処理、作業工程などを加味します。

そして、壁の平米数や屋根の平米数を算出し、お見積りを作成するという展開が必要性となります。

​カスタムオーダーメイドみたいですね。

なので、お値段を一律で表記するというのも怖いのです。

それを具体的にご提案できるのが、当社の無料お見積りとなります。

​基本工事の案内ポイント11

地域に密着しております。

信頼のおける職人たち

安心のアフターフォロー

素材へのこだわり

お電話での問い合わせ番号

☎ 0120-925-168 平日(9:00~19:00)

※外出先でもお電話を受けられる様、スマートフォン転送サービスを使用しています。

※ご相談や、お見積りのご連絡は、土日・昼夜問わず、こちらのフォームより24時間受付させて頂いております。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Wix Twitter page

小田急江ノ島線

​南林間駅東口 徒歩1分