【火災保険を使用して、外壁を修理・塗装を行う方法】

台風、竜巻、突風、豪雨、大雪、落雷などの「自然災害」による破損は、火災保険を活用し、「自己負担金¥0円」で補修が可能です。


火災保険によっては、申請できる修理の範囲も幅広く、

「外壁や屋根」

「雨樋、ベランダ、バルコニー」

などが含まれます。


保険認定の為には、もちろん火災保険の加入条件があります。

また、申請用の調査結果の書面が必要です。

その際の「交通費や調査費用、書面等の準備費」は、一切頂いておりません。

【火災保険の種類と内容】

・住宅火災保険:最も一般的な火災保険で、火災の他、風災、落雷、破裂、爆発などといった自然災害が補償範囲に含まれます。

 

・住宅総合保険:住宅火災保険の補償内容に加えて、

住宅火災保険よりも補償範囲が広い火災保険で、住宅火災保険の補償内容に加えて飛来物の落下・衝突・水濡れ・騒じょう・労働争議・盗難・水災が補償範囲に含まれます。

 

・オールリスクタイプ:住宅総合保険よりもさらに補償範囲が広い火災保険で、

上記の保険では、ほとんどの場合、補償限度額が設けられていますが、オールリスクタイプでは実際の損害額を補償するなど、補償範囲を広くしております。

こちらは新しいタイプの火災保険なので、保険会社によって補償内容や保険料などが異なる場合がありますので、問い合わせの時に良く確認しておきましょう。

 

オールリスクタイプは住宅総合保険よりもさらに補償範囲が広い火災保険で、各社が独自の特徴を持った商品を出しています。
例えば、これまでの火災保険は時価を基準として保険金額を設定するため修理に必要な補填を受けられなかったものを、再取得価格を基準に保険金額を設定することで実際に修理にかかった費用の補償を受けられるものなど、加入者のニーズに合わせた内容となっています。
住宅火災保険や住宅総合保険はどこの保険会社で加入しても保障内容や保険料に差はありませんが、オールリスクタイプの保険は保険会社ごとに保障内容も保険料も大きく異なります。

【風災の条件】

一般的には、最大瞬間風速20メートル/秒以上の風としています。風災には、雪災、雹災(ひょうさい/直径約5mm以上の硬い氷の塊)が含まれていることが多いです。

【風災の対象にならない事例】

・「経年劣化」による外壁の亀裂や色あせなど※

※経年劣化によるものなのか、風災によるものなのかが、判断しにくいこともあるため、無駄足になっても構いませんので、外壁リペア会社に現場の調査を依頼してください。

【被害から何日以内に手続きが必要か?】

被害を受けてから3年以内です。この期間内に保険会社に申請する必要があります。

ただ、被害発生から時間が経っていると被害状況の判断がしづらくなるため、早めの申請をお勧めします。
申請までに時間がかかってしまった場合には、被害箇所の「写真を複数枚」

残しておきましょう。

【火災保険を使った修理の流れ】

1.当社に連絡、アポイント後、調査を致します。 

2.損害保険会社に連絡

3.保険申請書を要請し、調査資料を返送します。

4.被災額確定後、保険会社より金額の報告があります

5.保険金の支払い⇒ 当社へ施工申し込み

6.被災箇所の施工

 

 

1、当社に連絡

まずは当社に連絡して、破損の原因が自然災害によるものか、経年劣化によるものかを診断調査をします。

 

2、損害保険会社に申請用紙の要請

次に、契約している損害保険会社に連絡。
この連絡はご契約者、または親族の代理の方にお願い致します。

 

3、申請書を記入し保険金の請求申請書を返送

「火災保険請求書」(証券番号や個人情報の記入が必要です。)

※1「事故報告書(事故状況説明書)」

※2「工事の見積書」などの書類を準備し、保険会社に返送します。

 ※1と2は調査時に、ご案内いたします。

 

4、損害鑑定人が保険会社から派遣される

申請が受理されると、保険会社から派遣される損害鑑定人が現場にて調査を行い、破損が火災保険の適用対象となるものかどうかを判断されます。

※立合い等は、義務ではありません。当社が代理として立合いも可能です。

5、審査が認められれば保険金が支払われる

申請資料や損害鑑定人の現場調査により、審査が認められれば保険金が支払われます。
一般的には、保険金の振込は事故発生から1〜2週間程度で行われます。

 

6、当社がお申込みを頂き、施工修理いたします。

火災保険を活用し、保険金を受け取った後ですので、

実質「自己負担金¥0円」で補修が可能という事になります。